伊藤重行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤重行
生誕 1943年????
日本の旗 日本北海道
研究機関 松蔭大学
研究分野 国際政治経済学
国際関係論
一般システム理論
母校 明治大学
学位 経済学政治学博士
受賞 藍綬褒章(2010年)
テンプレートを表示

伊藤 重行(いとう しげゆき)は、日本政治学者経済学者松蔭大学教授。

1943年、北海道阿寒郡鶴居村に生まれる[1]。1968年明治大学政治経済学部卒業後、同大学修士課程を経て、1973年同大学大学院政治経済学研究科博士課程単位取得退学。ローマ・クラブ研究員を経て、九州産業大学経営学部国際経営学科設置時に就任する。九州産業大学経営学部教授を経て現職。その間、1976年ローマ・クラブ研究員・日本チームディレクター、1989年アジア・太平洋プロジェクト・ディレクター、1989年仏International Space University客員教授、1991年米Nova Science Publishers編集顧問、1993年米南カリフォルニア大学客員研究員、1994年ウイルソン・センター会議招聘教授、1996年台湾・淡江大学『未来研究』編集委員、1997年伊Rockefeller Bellagio Conference Center会議招聘教授、2000年露極東国際ビジネススクール名誉教授などを歴任した。2003年に新風舎出版奨励賞を受賞する。2010年叙勲・褒章(藍綬褒章[2]受章を含む数々の受賞歴を持つ。また、日本政治学会理事、日本臨床政治学会理事、「福岡県明るい選挙推進協議会」副会長なども兼務する。講演も多数。

著書[編集]

  • 『アジアと日本の未来秩序』(平成16年4月)東信堂
  • 『釧路湿原の聖人・長谷川光二─永遠なる人間の鏡』(平成17年4月)学文社
  • 『誰も知らない三つの鶴居を教えます』(平成19年4月)フォーネット社
  • 『ツルになったおばあちゃん』(平成19年5月)中西出版
  • 『ホワイトヘッドの政治理論』(平成20年4月)学文社
  • 『自己組織化するアジア太平洋』(平成22年4月)櫂歌書房
  • 『自己安定・自己組織システム-秩序進化の原理』(平成24年4月)志學社
  • 『システム哲学序説』(改訂版)(平成24年4月)勁草書房
  • 『釧路湿原の長谷川光二-日本のソロー』(共著)(平成24年7月)志學社
  • 『アジア太平洋発展論』(平成25年4月)志學社

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]