伊藤誠吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 誠吾(いとう せいご、1977年7月17日 - )は、日本の芸術家

人物[編集]

秋田県潟上市(出生時:南秋田郡飯田川町)出身[1]。秋田県立秋田南高等学校・東北福祉大学卒業。

日本のアーティスト。映像作品や音楽、絵画など秋田県を拠点に作品を作り続けている。家庭用のハンディーカメラやダンボール、新聞紙、クレヨンなど日常にありふれた機材を作品制作に使い、組織や家庭、仕事などを取り払った、個人本来の姿を映しだそうとする作品が多い。2001年、ニューヨークでポーランド人、ブルキナファソ人とで「アバンギャルド撲滅プロジェクト」を立上げ、映画『ティファニーで朝食を』で有名なニューヨークの五番街を全身白塗りで歩き、GUCCHIやCHANELのアクセサリーを試着したり、街の中に設けた檻の中で3日間過ごしたり、花束を持ち、タキシードを着て、ブッシュ大統領に会うためホワイトハウスのインターホンを押すパフォーマンスなど行なう。 2005年、東京の劇団あぁルナティックシアター入団、2010年、秋田市文化会館大ホールで30インチのテレビを置いて、テレビ映像を流し続ける「愛と感動のプロパガンダ」という作品を発表。秋田市アトリオン美術ホールで枝豆一粒だけを展示する「人間はどこまでアホなのか」展開催。2012年、東京南青山のスパイラルガーデンでアートフェア出展。

主な作品[編集]

  • 『人間はどこまでアホなのか』(インスタレーション)
  • 『愛と感動のプロパガンダ』(インスタレーション)
  • 『首都』(音楽)
  • 『口笛コンサート』(音楽)
  • 『鼻は咲く』(音楽)
  • 『国指定重要無形民俗文化財・バカおどり』(舞踊)
  • 『長渕がいっぱい』(インスタレーション)
  • 『世界遺産・伊藤キヨヱ』(映像)
  • 『秋田の町中でウンコと叫ぶ』(映像)
  • 『ロッキー・バルボア』(映像)
  • 『ひとりVSカメラ』(映像)
  • 『マザー・ファッカー』(インスタレーション)
  • 『ドカ雪まつり』(インスタレーション)
  • 『自由・平等・博愛』(インスタレーション)
  • 『秋田県25市町村長図絵』(絵画)
  • 『ショッピングモール』(映像)
  • 『履歴書』(インスタレーション)
  • 『我思うゆえに我あり』(本)
  • 『バカであれ!』(本)
  • 『ゆりかごから墓場まで』(本)
  • 『劇団・知的』(演劇)
  • 『アールブリュット展』(インスタレーション)
  • 『マッチョ』(映像)

出演番組[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

出典:秋田魁新報[要ページ番号]

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤 誠吾 - 秋田県大館市アートプロジェクト ゼロダテ/大館展 2010
  2. ^ 秋田・潟上在住の前衛芸術家、注目集める - 秋田経済新聞 2012年12月13日