伊藤萬蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤萬蔵寄付によるみちしるべ(愛知県岩倉市、2017年11月)

伊藤 萬蔵(いとう まんぞう、1833年天保4年) - 1927年昭和2年)1月28日)は、尾張国出身の実業家篤志家

人物[編集]

1833年(天保4年)正月、尾張国稲木庄平島村(現愛知県一宮市平島)において、父治左衛門、母りかの長男として[1]生を受ける[2]

丁稚奉公を経て、名古屋城塩町四丁目において「平野屋」の屋号で開業[3]。名古屋実業界において力をつけ、名古屋米商所設立に際して、発起人に名を連ねる[4]

のち、各地の寺社に寄進を繰り返したことで知られる。現在知られる最古の例は、文久元年(1861年)銘の狛犬で、連名ではあるが、名古屋市西区の宗像神社境内に残る[5]。また、単独では一宮市常保寺の石灯籠が最古とされる[6]

生前最後の寄付は、1926年大正15年)9月の常滑市玉泉寺のもので[7]、死後の1927年昭和2年)3月に谷汲山華厳寺山門脇に寄付されたものが最後とされる[8]

晩年は「徳山」の号を用いており[9]、家督とともに伊藤萬蔵の名も譲っていた。

1927年(昭和2年)1月28日5時に病没し、葬儀は中区白川町誓願寺において翌日14時から15時にかけて行われ(『新愛知』1927年1月29日付)[10]、米野火葬場において荼毘に付された[11]。墓所は誓願寺にある[12]

訃報記事によれば、名古屋市内に借家を数百軒持っていたとされる(『新愛知』1927年1月29日「一粒の米にも感謝を捧げ 敬虔な祈りに生きた 徳山翁のこととも」)[13]。また、同時期に名古屋で活躍した矢田績は、「名古屋の名物老人」「一種の変人でもある」と評して故人を偲んでいる(『新愛知』1927年2月4日「伊藤萬蔵翁の事」)[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 市江政之『石造物寄進の生涯 伊藤萬藏』ブックショップマイタウン、2011年9月21日(日本語)。ISBN 9784938341381

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、伊藤萬蔵に関するカテゴリがあります。