伊藤富雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 富雄(いとう とみお、1891年10月23日 - 1968年1月29日)は、日本政治家郷土史家。

略歴[編集]

長野県諏訪郡中洲村(現・諏訪市)出身。長野県立諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)を中退。

農業に従事し、1941年中洲村産業組合(現・JA信州諏訪)組合長となる。1945年には中洲村長を兼務した。

1947年日本社会党長野県連委員長となり、林虎雄知事のもとで副知事を務めた。しかし1948年アメリカ占領軍軍政部長野県施政官と衝突し、副知事を辞任する。

1949年第24回衆議院議員総選挙日本共産党所属で立候補するも落選。その後、諏訪神社の歴史など郷土史を研究した。

関連書籍[編集]

  • 伊藤麟太郎(編) 『伊藤富雄著作集』永井出版企画、1987年

関連項目[編集]