伊藤啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 啓介(いとう けいすけ、1904年明治37年)12月31日 - 没年不明)は、日本実業家高岳製作所元取締役[1]三井銀行元常任監査役。東京光学機械(現・トプコン)元監査役。

経歴[編集]

埼玉県出身。吉田正治の次男として生まれ、伊藤乃ふの養子となる。1928年昭和3年)、東京帝国大学経済学部卒業。大学卒業後三井銀行に入行。同行にて監査役・常任監査役を歴任。1962年(昭和37年)11月に高岳製作所取締役、1965年(昭和40年)11月に東京光学機械(現・トプコン)監査役に就任した[2]。その後、高岳製作所にて顧問(非常勤)を務めた。

人物[編集]

宗教は仏教

家族[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第30版』人事興信所、1979年。
  • 『東京光学五十年史』東京工学機械編、1982年。

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録 第三十版 上』人事興信所、1979年3月8日、い87。
  2. ^ 『東京光学五十年史』東京工学機械、1982年、572頁。