伊藤卓朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 卓朗(いとう たくろう、1978年 - )は、博士(生命科学)慶應義塾大学先端生命科学研究所・研究員

経歴[編集]

学会発表[編集]

  • 2001年(平成13年)4月 - 『マメ科植物において窒素栄養制限下で発現上昇する MYB 遺伝子群の単離』(共同) 
  • 2002年(平成14年)8月 - 『両性花のアスパラガス属植物(Asparagus virgatus)における花の B クラス遺伝子群の単離と発現解析』(共同)
  • 2003年(平成15年)4月 - 『マメ科植物における硝酸態窒素欠乏応答性 MYB 転写因子群とグルタミン合成酵素遺伝子との関連性』(共同)
    • 9月 - 『アスパラガスBACライブラリーの作成』(共同)
    • 12月 - 『マメ科植物において窒素栄養欠乏に応答するR2R3-MYB転写因子群の単離とその機能の推定』(共同)
  • 2004年(平成16年)9月 - 『食用アスパラガスにおける花のBクラス遺伝子群のゲノム構造』(共同)
  • 2005年(平成17年)6月 - 『Potential of interspecific hybrids in the genus Asparagus』(共同)
    • 8月 - 『イネにおけるトリプトファン合成酵素αサブユニット遺伝子の単離と発現解析』(共同)
    • 8月 - 『Transitional expression of tryptophan synthase alfa subunit (TSA) genes with tryptophan analog treatment in rice』(共同)
    • 10月 - 『食用アスパラガスと日本在来種ハマタマボウキ(Asparagus kiusianus)の種間雑種作出』(共同)
    • 12月 - 『Asparagus 属における性染色体上の非コード領域の比較解析』(共同)
  • 2006年(平成18年)3月 - 『アスパラガス(Asparagus officinalis)における雌雄判別マーカーの改変』(共同)
  • 2008年(平成20年)10月 - 『オイル産生微細藻・Pseudochoricystis ellipsoideaの脂質メタボローム解析』(共同)
    • 10月 - 『CE-MSを用いたオイル産生微細藻・Pseudochoricystis ellipsoideaのメタボローム解析』(共同)

博士論文[編集]

  • 2006年(平成18年)3月24日 - 『アスパラガス属植物の遺伝的多様性 : 交雑親和性と花器官分化 』 東北大学 甲第11096号

外部リンク[編集]