伊庭氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊庭氏
家紋
四つ目結
三つ盛洲浜
本姓 宇多源氏佐々木氏支流
家祖 伊庭実高
種別 武家
出身地 近江国神崎郡伊庭邑
著名な人物 伊庭八郎
伊庭貞剛
凡例 / Category:日本の氏族

伊庭氏(いばし)は、日本氏族の1つ。

概要[編集]

近江源氏佐々木氏の支流であり、佐々木経方の子、行実の四男実高(出羽権守重遠)が、はじめて近江国神崎郡伊庭邑に居住し、伊庭氏を称した。伊庭城建久年間(1190年 - 1199年)に実高によって築かれたといわれる。

歴代[編集]

実高の後、貞資貞平貞光公貞時高氏貞基貞高貞貞安実貞貞職貞信貞勝の14代を経て貞勝は蒲生郡桐原郷に身をよせ、後中小森で慶長12年(1607年)に没した。

貞勝の子の貞家渡辺吉綱に仕え、伊庭氏は代官として近江における和泉伯太藩の飛び地(西宿、虫生、峰前、竹村等5ヵ村三千石)を代々支配するようになった。

以降、貞經貞式貞基式應貞明貞英貞剛(正人)、貞剛と続き、実高が伊庭氏を名乗ってから25代の後裔にあたる貞剛は、明治12年(1879年)、裁判官から住友本社に入社、明治33年(1900年)に第2代総理事となり住友財閥の基礎を築いた。

伊庭氏歴代の墓は近江八幡市にある。