佐々木経方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 経方(ささき つねかた、生没年未詳)は、平安時代末期の武将宇多源氏佐々木氏の一族であり、宇多天皇の子孫[1]

近江国宇多源氏佐々木氏棟梁である佐々木義経の長男。文献によっては源高信の子とされる[1]。子に爲俊[1]行範定道行実家行など。

通称は源二太夫[1]。官位は近江守、兵庫助[1]。一部の系図では経方がはじめて佐々木に住んだとの記述があり、佐々木氏を名乗ったのも経方からとする[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 田村哲夫編修 1980, p. 229.

参考文献[編集]

  • 塙保己一 編集『群書系図部集 3』 
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998Closed Access logo alternative.svg国立国会図書館デジタルコレクション

 関連項目 [編集]