佐々木爲俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木爲俊(ささき ためとし)は、平安時代末期の武将。別名に季定(すえさだ)[1]

宇多源氏近江源氏の流れを汲む佐々木氏の棟梁・佐々木経方の嫡男[2][1]。子に佐々木秀義がいる[2][1]。官位は従五位下[1]、式部丞[2][1]。通称は源次大夫[1]

孫の佐々木定綱は、源頼朝の側近として仕え、弟たちと共にその挙兵を助けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]


先代:
佐々木経方
近江佐々木氏歴代当主
佐々木季定
次代:
佐々木秀義