任忠彬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
任忠彬
Army (ROKA) General Lim Choung-bin 육군대장 임충빈 (육군참모총장 이취임식 (7438791748)).jpg
陸軍参謀総長交代式における任忠彬(2009年9月21日)
生誕 1950年5月12日
大韓民国の旗 韓国 忠清南道天安郡(現在の天安市)
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
軍歴 1973 - 2009
最終階級 19.SKA-GEN.svg 大将
除隊後 忠南大学校客員教授
平和安保大学院講師
未来国防フォーラム議長
大韓民国星友会政策諮問委員[1]
テンプレートを表示
任忠彬
各種表記
ハングル 임충빈
漢字 任忠彬
発音: イム・チュンビン
日本語読み: にん ちゅうひん
ローマ字 IM CHUNG-BIN
テンプレートを表示

任 忠彬(イム・チュンビン、朝鮮語: 임충빈1950年5月12日 - )は大韓民国軍人、教育者。陸士29期。最終階級は陸軍大将。第39代陸軍本部参謀総長。

予備役編入後、忠南大学校客員教授、平和安保大学院講師などを務めている。

人物[編集]

忠清南道天安郡(現在の天安市)に生まれる。1968年、城南高校朝鮮語版を卒業後陸軍士官学校に入学。

陸士卒業後は主に捜索部隊での職を歴任し、中将進級と同時に陸軍第1軍団軍団長に就任。開城工業団地送電線の建設や地雷除去を支援した。韓国陸軍士官学校校長を経て第38代大韓民国陸軍参謀総長に就任。陸士校長から直接陸軍参謀総長への大抜擢は初のケースであった。

敬虔な仏教徒としても知られ、国軍仏教総信徒諮問委員もつとめた[2]。退官式も鷄龍台護国寺で行われた。

予備役編入後、忠南大学校客員教授、平和安保大学院「軍事戦略」科目の講義を担当し[3]、未来国防フォーラム議長を務めている[4]

人物像[編集]

部下に激励の手紙を送り意見を聞いて回るなど、几帳面且つ温厚篤実な性格で知られ、「徳将」との呼び声が高かった[5]

年譜[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

軍職
先代:
朴興烈朝鮮語版
Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍参謀総長
第38代:2008.3.21 - 2009.9.21
次代:
韓民求
先代:
金善洪
韓国陸軍士官学校校長
第45代:2006.12.5 - 2008.3.19
次代:
キム・ヒョンソク
先代:
金善洪
ROK I Corp.gif 陸軍第1軍団軍団長
第43代:2004.10 - 2006.12.5
次代:
章光一
先代:
17XX 2014-01-29 02-41.jpeg 第17歩兵師団朝鮮語版師団長
第?代:2000.11 - 2002.10
次代: