今城 (えびの市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
今城
宮崎県
城郭構造 山城
天守構造 建造されず
築城主 大河平氏
築城年 永禄5年(1562年)頃
主な城主 大河平氏
位置 北緯32度4分00.58秒
東経130度54分35.75秒

今城(いまじょう)は現在の宮崎県えびの市大河平にあった山城

概要[編集]

真幸院の領主・北原氏に従属していた大河平氏の城である。

大河平氏は当初、大河平城を居城としていたが、大河平城は堅城ではなかった事から、北原氏没落後に誼を通じた島津義弘により、大河平城と谷を挟んだ向こうの険阻な丘陵地へ、新たな城を築くよう命じられた。その結果、永禄5年(1562年)頃に築城されたのが今城である。

標高377mから386m、比高にして100mほどの2つの尾根[1]に跨って立地され、三方を絶壁と急斜面に囲まれた要害である。東方には、南北におよそ70m伸びた主、その西側斜面に3つの帯郭があり、西方の頭頂部に2つの郭、その北端の下部にD字型の郭、北方には今城の深谷を挟んだ西にある永野城[2]へと通じる堀を有した土橋があった。その、永野城との間の深谷の下には、川内川の源流(旧名:狗留孫川)が流れている。また、土塁跡は一切見受けられない。

永禄7年(1564年)5月29日、130余名が守る今城を伊東義祐率いる1,000余が攻撃、しかし、あまりの要害のため攻めあぐね、城主の大河平隆次へ降伏を勧告する方策をとる。隆次はこれを突っぱねて徹底抗戦する。これに義祐は、今城の隣の永野城を落とし、捕えた城兵により北側が一番攻めやすいと知ると、堀を埋めつつ城を攻撃する。隆次はやむなく城を打って出て、伊東勢500余名を討ったものの、全ての城兵が討ち死にを遂げた。なお、大河平氏は隆次の姉婿皆越六郎左衛門(後に大河平隆俊)により再興されている。

脚注[編集]

  1. ^ えびの市の標高自体が250m前後ある。
  2. ^ 土着の豪族である永野氏の居城

参考文献[編集]

  • 『えびの市史 上巻』:えびの市郷土史編さん委員会
  • 『えびの市の城館跡』:宮崎県えびの市教育委員会

関連項目[編集]