京都相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京都相撲(きょうとずもう)は江戸時代から大正時代まで存続した相撲の興行組織。

歴史[編集]

勧進相撲の始まり - 江戸時代[編集]

京都では勧進相撲文禄年間のころから行われてきたが、『古今相撲大全』では寛永21年(1644年正保元年)に山城国愛宕郡田中村の住職が八幡宮再建の発願を立て、翌正保2年(1645年)勧進相撲を京都・下鴨神社糺の森で興行したのが始まりとしている。それより50年以上は勧進相撲の記録がみられず、次に行われたのは元禄13年(1701年)、糺の森での興行であり、番付が残る最古のものである。のちに許可も緩和され、営利目的の勧進相撲も始まり、京都二条河原で毎年興行がされるようになった。延享のころより年2回の定期的な興行となっていき、このころは江戸、大坂、京都の三都(三ヶ津)で相撲興行が行われ、中でも京都が最も繁栄していた。木版刷りの古番付は享保2年(1717年)のものが現存最古である[1]

のちに大坂相撲が大坂の商人の経済力を背景に享保ごろより隆盛を極め、相撲の中心は大坂となり次いで京都となった。江戸相撲はそのころ最も地位が低く、大坂や京都の力士が下って興行が行われてきたが、寛保年間以降独自に強豪力士が出始め、宝暦ごろには年寄制度など組織や制度が確立し、京都相撲は地位は落ち、大坂や江戸の力士を迎えて合併相撲として興行を行うようになる[1]

この時代の京坂の相撲番付では上位が江戸相撲の力士でその下に大坂や京都の力士が置かれるようになっていた。そのため京坂の力士で上位の者は江戸に加入し、強豪力士となっていた。江戸に加入せず京坂力士のままでは下位のままであり明治維新まで三役力士は一人もいないという状況であった[1]

明治時代[編集]

明治に入ると東京相撲は雲龍不知火陣幕梅ヶ谷といった力士により隆盛を極めたが、大阪相撲は内紛などで徐々に衰退していった。京都相撲はさらに衰退し頭取に侠客が加入するなどで、明治2年(1869年)以降独立興行となったが明治7年(1874年)ころより東京や大阪の力士を集めての合併相撲でしか興行が打てなくなっていた[2][3]。その中で大碇紋太郎が登場し、大碇中心に消滅目前の京都相撲が盛り返すかと思われた。大碇は東京相撲で大関だったが、成績が落ち関脇陥落で脱走、京都相撲の大関となった。明治32年(1899年五条家より横綱免許が下り、京都相撲の看板となった。以来合併相撲での興行が続いたが明治43年(1910年)ロンドンでの日英博覧会の開催で力士団を率いてイギリスへ。半年間相撲を披露し、力士団は現地解散となる。大半が帰国したが、大碇など一部がレスラーやサーカスの芸人となったという。京都相撲は帰国を待ち凱旋興行を打つ予定で番付も作成していたが、それもできず結局大正の初めには京都相撲は消滅となった。

その他[編集]

明治初期には朝男山、鯨波、錣形、松ヶ枝、和歌浦、立田川、要石、小松崎、小野川、錦島、大纏、出水川、高瀬川、甲形、立浪、勇山、初島、木村寅吉、博多山、華ノ峰といった頭取と部屋があり500人の力士が在籍していた[4]

鯨波、松ヶ枝、兜潟、出水川といった頭取名跡は代々受け継がれていた[5]

第16代横綱西ノ海や第28代横綱大錦、双葉山の師匠である緑嶌(のち立浪親方)、関脇響舛は初め京都相撲の門下であった。(西ノ海は1875年鯨波(ときのこえ)部屋、大錦は1898年伊呂波部屋、緑嶌は草風部屋、響舛は鯨波部屋の入門)

のちに年寄稲川となった幕内國ヶ岩は京都相撲で大碇の渡英後、京都相撲最後の大関となり1914年東京相撲に加入し、幕内、十両と取り1919年に引退し、年寄となった。

大碇のほかに京都相撲で横綱免許を受けた力士に磯風音治郎がいる[6]。(五条家免許)。

参考資料[編集]

  • 『別冊相撲秋季号 国技相撲のすべて ベースボールマガジン社、1996年発行
  • 『大相撲名力士100選』 小島貞二 秋田書店、1972年発行

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『別冊相撲秋季号 国技相撲のすべて』 ベースボールマガジン社、1996年発行、47-48頁。
  2. ^ 優勝力士の一覧表(京都相撲)”. shiverle.web.fc2.com. 2019年11月7日閲覧。
  3. ^ 大相撲東風西雅 20:「歴史」のはなし三”. tsubotaa.la.coocan.jp. 2019年11月7日閲覧。
  4. ^ 3代目長瀬越前:【相撲雑学 京都相撲】 - livedoor Blog(ブログ)”. blog.livedoor.jp. 2019年11月7日閲覧。
  5. ^ 上方力士が多数眠る  鳥 辺 山 他”. tsubotaa.la.coocan.jp. 2019年11月7日閲覧。
  6. ^ 横綱伝 京都相撲