交響曲第4番 (アルヴェーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

交響曲第4番ハ短調海辺の岩礁から』(スウェーデン語: Från havsbandet作品39は、ヒューゴ・アルヴェーンが作曲した交響曲。この曲以前に書かれた交響詩『海礁の伝説』を拡大、発展させたものと言える。

概要[編集]

1913年に作曲を開始したが、完成は6年後の1919年まで待たねばならなかった。初演は1919年11月4日ストックホルム音楽院で私的に演奏され、その後1920年1月23日に公開初演された。曲は娘のマルガリータに捧げられている。ヴォカリーズが男女の愛を表すためか、『シンフォニア・エロチカ』とも呼ばれている。

楽器編成[編集]

ソプラノテノールフルート4、オーボエ4、クラリネット4、ファゴット4、トロンボーン3、ホルン8、トランペット4、チューバティンパニハープ2、ピアノチェレスタヴァイオリンアルトチェロコントラバス

楽曲構成[編集]

単一楽章で書かれているものの、4部に分けることができ、第1部の主題が全曲を通して演奏される。演奏時間は約45分。

  • Moderato - Allegretto ma non troppo
  • Allegro - Moderato - Allegro
  • Lento - Maestoso - Molto appassionato
  • Allegro agitato

外部リンク[編集]