交通輸送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交通輸送(こうつうゆそう、英:Traffic)とは、乗り物列車自動車オートバイ飛行機など)を介した、または人力のみによる乗客、および貨物のすべての通信を指すが、広義の解釈には、メール通信などの個人情報の交換も含まれる。

交通の意味[編集]

交通輸送は商品取引の前提条件である。交通輸送の改善に伴い、人類の物質生産は自給自足から分業交易へと徐々に移行した。製品の分業交易は現代産業社会の基礎の一つである。

種類[編集]

交通輸送は陸上、海上、空上に大別できる。

陸上輸送[編集]

陸上輸送とは陸上の乗り物の輸送のことで、例えば汽車列車など。陸上輸送のコストが低いため、ほとんどの地域での主な短距離輸送は陸上輸送である。

海上輸送[編集]

海上輸送とは海上の乗り物の輸送のことで、例えば輸送用のボート双胴船など。海上輸送を使用することでコストが航空貨物よりも低くなるため、海上貨物は通常、貨物を別の国に輸送するために使用される。

航空輸送[編集]

航空輸送とは空中の乗り物の輸送のことで、例えば飛行機ヘリコプタージェット旅客機など。高速であるため、通常は大陸間の空中航行に使用される。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]