井岡一法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井岡 一法
基本情報
本名 井岡 一法
(いおか かずのり)
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1967-07-27) 1967年7月27日(54歳)
出身地 大阪府堺市
家族 井岡弘樹(弟)
井岡一翔(長男)
プロボクシング戦績
総試合数 2
勝ち 2
KO勝ち 2
テンプレートを表示

井岡 一法(いおか かずのり、1967年7月27日[1] - )は、日本のボクシングプロモーター兼トレーナー。元プロボクサー。現井岡ボクシングジム会長。井岡弘樹の兄、井岡一翔の父として知られる。

来歴[編集]

ボクシング好きの父の影響を受け、弟・弘樹とともにグリーンツダジムでボクシングを始めるが、父の事業失敗による夜逃げにショックを受け非行に走り、16歳の時に少年院に送致されしまう[2]。しかし、弘樹が世界王者になったことを少年院で知り、更生を誓い、出所後はボクシングを再開し、プロになった。

引退後、弘樹のサポートに回り、2002年に弘樹と共に井岡ジムを開設、自身はプロモーター兼トレーナーとして支える。トレーナーとしては長男・一翔と一翔の同級生である宮崎亮を世界王者に育て、2012年にはエディ・タウンゼント賞を受賞[3]

2013年6月、弘樹が独立して井岡弘樹ボクシングジムを設立するの伴い、会長就任[4]

脚注[編集]