井原恒治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井原 恒治(いはら つねはる、1919年大正8年)1月2日[1] - 2007年平成19年)8月27日[2])は、昭和から平成時代の政治家千葉県市原市長。

経歴[編集]

千葉県出身[1]1937年(昭和12年)千葉中学校卒業[1]

1959年(昭和34年)市原町議会議員、1963年(昭和38年)市原市議会議員3期を経て、1975年(昭和50年)から市長に4選した[1]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ 1999, 55頁.
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、147頁。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ 編 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X