二条広子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二条 広子(にじょう ひろこ、文政2年11月10日1819年12月26日) - 明治8年(1875年7月9日)は江戸時代公家有栖川宮幟仁親王二条斉信の娘。別名、岸君。院号は順恭院。

1819年に二条斉信と正室徳川従子の五女として生まれる。幼少の頃から斉信の許婚として育てられる。また1815年に誕生したとする文献もある。[要出典]

1848年に有栖川宮幟仁親王に嫁ぎ、佐々祐子と幟仁親王との間に生まれた有栖川宮熾仁親王らを養育する。1875年に死去したといわれているが最近では1897年に死去したという文献が有力である。[要出典]また、熾仁親王が有栖川宮家当主を継いでからは有栖川宮大宮御息所と呼ばれた。

一族[編集]

出典[編集]

  • 華族家系大成
  • 現代華族譜要