亀石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

亀石(かめいし)

  • 奈良県明日香村にある亀の形をした遺構。本項ではこれについて述べる。
  • 伊勢神宮外宮境内にある石。高倉山の天岩戸の入り口の岩を運んだと伝えられている。
  • モンゴルにある巨石。⇒亀石 (モンゴル)を参照。
亀石

亀石(かめいし)とは、奈良県明日香村川原にあるの形をした遺構。長さ3.6メートル、幅2.1メートル、高さ1.8メートルの巨大な花崗岩に亀に似た彫刻が彫られていることからこの名前で呼ばれている。ユーモラスな顔つきから明日香村観光のシンボルともなっている。

建造時期・目的[編集]

いつ、なんの目的で作られたかは謎で、

など、いくつかの説が出されているものの、結論は出ていない。

形状[編集]

東側(向かって右)の下にある石矢の跡

石と呼ばれているが、顔が三角形であることや目が上に飛び出しているなど、亀というよりはカエルの特徴をとらえていると見る人もいる。上部が自然石のままで下部のみが加工されていることから、現在の下面が本来の上面で実は上下逆であったという説も奈良国立文化財研究所の報告書で出されてはいるが、有力視はされていない[3]

下部には石矢の跡が見られるが、建造当初からあったものなのか酒船石のように後世になって石を割ろうとした跡なのかも分かっていない。もし当初から残された跡だとすれば亀石は未完成品であるとの証拠にもなり、後世に割られたとしたら本来は現在よりもかなり高さのある石だった可能性がある。

伝説[編集]

言い伝えによれば、奈良盆地一帯が湖であった頃、対岸の当麻(たいま)のヘビと川原のナマズの争いの結果、当麻に水を吸い取られ、川原あたりは干上がってしまい、湖の亀はみんな死んでしまった。亀を哀れに思った村人たちは、「亀石」を造って亀の供養をしたという。

亀石は、以前は北を向き、次に東を向いたと言う。そして、今は南西を向いているが、西に向き、当麻のほうを睨みつけると、奈良盆地は一円泥の海と化す、と伝えられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 門脇禎二による説
  2. ^ 松本清張による説
  3. ^ 「飛鳥を掘る」河上邦彦(講談社 2003年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度28分16秒 東経135度48分41.8秒 / 北緯34.47111度 東経135.811611度 / 34.47111; 135.811611