亀倉龍希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はカメクラ第二姓(父方の)はパナゴプーロスです。
亀倉龍希 Football pictogram.svg
名前
本名 テオドロス・リュウキ・カメクラ・パナゴプーロス
愛称 テオ
カタカナ カメクラ リュウキ
ラテン文字 Theodoros Ryuki Kamekura Panagopoulos
基本情報
国籍 日本の旗 日本
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1995-07-31) 1995年7月31日(23歳)
出身地 北海道札幌市
身長 179cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム ポルトガルの旗 ポルティモネンセSC
ポジション MF(AMF)
背番号 2
ユース
日本の旗 東京ヴェルディ
2012-2014 ポルトガルの旗 ポルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2014 ポルトガルの旗 ポルティモネンセ(loan) 6 (0)
2014- ポルトガルの旗 ポルティモネンセ 62 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年3月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

亀倉 龍希(かめくら りゅうき、1995年7月31日 - )は、日本ブラジルのサッカー選手。ポジションはMF。なお、フルネームはテオドロス・リュウキ・カメクラ・パナゴプーロスポルトガル語: Theodoros Ryuki Kamekura Panagopoulos)。実父はサッカー代理人のテオである[1]

クラブ歴[編集]

北海道札幌市に生まれた[2]東京ヴェルディ1969のジュニアユースに所属した後[3]、2012年にFCポルトU-19に移った。2013年にポルティモネンセSCにレンタル移籍し、12月11日のGDシャヴェス戦で初出場を飾った[4]

2014年6月30日にポルトU-19に復帰すると、翌日ポルトBに昇格し、7月16日にポルティモネンセに完全移籍した。

2018年6月27日から静岡市J-STEPで行われた浦和レッズのトレーニングキャンプに練習生として参加した[5]が、2週間ほどでキャンプを離れ、移籍には至らなかった[6]

人物・エピソード[編集]

2017-18シーズンからポルティモネンセでチームメートとなった中島翔哉はヴェルディのジュニアユースで1学年先輩にあたり、公私にわたり通訳を務めサポートしている[7]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]