九島大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
九島大橋
Kusimaoohasi0ø.jpg
基本情報
日本
所在地 宇和島市
構造諸元
形式 鋼3径間連続鋼床版箱桁橋
全長 468 m
7.25 m(2車線)
高さ 海面から15.5 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

九島大橋(くしまおおはし)は、愛媛県宇和島市にある九島に架かる橋。水深約30 mに設置されベルタイプ式橋脚基礎の設置水深として日本最大規模である[1]


概要[編集]

四国本土側より

2016年平成28年)4月3日宇和島市により市道坂下津1号線 九島大橋として開通。[2]。 橋脚を設置する箇所の水深が約30mもあり、仮設の締切り工事が大掛かりになるため、陸上で製作した橋脚を一括据付する工法となった。ただし、橋脚の自重が約3,300tあり、ワイヤー等の吊具と合せた総重量は約3,600tとなることにより、日本最大のクレーン船の海翔で曳航のうえ一括据付された[3]。九島大橋の開通により、宇和島港 - 九島間に運航していた九島フェリーが廃止されている。

路線データ[編集]

  • 全長:468 m
  • 幅員:7.25 m
  • 形式: 鋼3径間連続鋼床版箱桁橋
  • 所属路線:宇和島市道坂下津1号線
  • 車線数:2車線
  • 建設費:約70億円[4]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長大橋ニューズレターNo.57 九島架橋事業(九島大橋)について”. 本州四国連絡高速道路株式会社. 2016年4月27日閲覧。
  2. ^ 市道坂下津1号線 九島大橋の開通について”. 宇和島市. 2016年4月27日閲覧。
  3. ^ 巨大橋脚を日本最大のクレーン船で一括据付”. 清水建設株式会社. 2016年4月27日閲覧。
  4. ^ 九島大橋 橋桁かかる 来年3月完成予定 /愛媛”. 毎日新聞. 2016年4月27日閲覧。

ギャラリー[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]