乗法的関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数論における乗法的関数(じょうほうてきかんすう、: multiplicative function)とは、正の整数 n数論的関数 f(n) であって、f(1) = 1 であり、ab互いに素であるなら

f(ab) = f(a) f(b)

が成り立つようなもののことである。

数論的関数 f(n) が、ab が互いに素でない場合においてもつねに、f(1) = 1、f(ab) = f(a) f(b) が成り立つ時、完全乗法的英語版であると呼ばれる。

[編集]

  • gcd(n,k) : nk最大公約数k を固定して、n の関数とみなした場合)
  • 任意の整数 k に対する
  • 指数関数: 任意の正数 C に対する
  • メビウス関数:
  • 約数関数: n の約数の個数を表す
  • k約数和関数:
  • n の正の奇数の約数の個数を表す
  • n の正の奇数の約数の和を表す
  • オイラー関数:
  • ディリクレ指標:
  • リウヴィルのラムダ関数: [要説明]
  • ラマヌジャンの和関数:

  • ラマヌジャンの τ 関数:
    • は、n 次の係数
  • 任意の正整数 k に対する、[要説明]

参考文献[編集]

関連項目[編集]