久留島通簡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久留島 通簡(くるしま みちひろ、安政6年10月14日1859年11月18日) - 大正8年(1919年)10月21日)は、豊後国森藩の第12代(最後の)藩主久留島通靖の弟で、華族貴族院議員。子爵。妹に千勢子(伊東祐麿室)。室は中山信徴の娘で、継室は中山信徴の次女銚子。子に久留島徴一(長男、廃嫡)、久留島健三郎(三男)。

第11代藩主・久留島通胤の次男として生まれる。明治12年(1879年)3月、兄通靖の死去により家督を継いだ。同年12月に従五位となり、明治17年(1884年)7月8日に子爵を叙爵[1]。明治23年(1890年)7月、貴族院議員に当選する。以後、亡くなるまで連続して当選した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『官報』第565号「叙任及辞令」1914年6月19日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
)久留島家初代
1884年 - 1919年
次代:
久留島健三郎