乃美大方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

乃美大方(のみ の おおかた、? - 慶長6年9月14日1601年10月9日))[1]は、戦国時代から江戸時代の女性。安芸国戦国大名毛利元就継室[2]、または側室。本名は不明。智光院殿蘭渓怡秀大姉。

父は小早川氏の一族である乃美弾正忠弘平[1][2]或いは乃美安芸守隆興([毛利家乗]による)。

生涯[編集]

毛利元就の正室妙玖の死後、天文17年(1548年)頃に乃美氏より元就に嫁いだ。継室であったとも、側室であったとも言われる。

元就の四男・少輔四郎(穂井田元清)、七男・少輔六郎(天野元政)、九男・才菊丸(毛利秀包)の生母である[3]

毛利氏防長移封に従い、長門国秋根(現・下関市)に移住するも、翌慶長6年(1601年)9月14日に病没する[1][2]

墓所は山口県下関市功山寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 小都勇二、「元就の家族」、河合正治編 『毛利元就のすべて』 新人物往来社、1986年 
  2. ^ a b c 時山 1916, p. 76.
  3. ^ 時山 1916, pp. 79, 80.

参考文献[編集]

関連項目[編集]