丸山楽雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸山 楽雲(まるやま らくうん、1948年 - )は篆刻家

長野県安曇野市生まれ。長野県中信地方を拠点とし、書画篆刻の世界では数々の実績を残し本場中国では三絶と称される。安曇野市内はもとより、同県の中野市松本市、及び各町村に散在する寺院に収蔵されている書画、篆刻、印などの制作を手掛けている。また、木額、石碑、山号額、幟旗などの揮毫、更には、会社名や商品タイトル、ロゴマーク、パッケージや包装紙の書画、書籍の題字などにも活躍の場を広げている。

芸歴[編集]

日本[編集]

  • 日本美術展覧会作家(連入4回、以後不出品)
  • 元読売書法会幹事
  • 元謙慎書道会評議員
  • 元日本書芸院二科審査会員
  • 元日本書画振興協会理事、審査員
  • 元篆社評議員
  • 元日本篆刻家協会常務理事、審査員
  • 日本深邃篆会主宰
  • 安曇野焼窯元
  • 国際芸術文化賞・菊花勲章受章(2007年6月)

中国[編集]

  • 北京聯合大学書画篆刻研究所顧問(2007年2月就任)
  • 西泠印社招待作家
  • 鄭板橋書画院顧問委員会主任
  • 西安終南印社特別会員
  • 北京朝陽区書法家協会名誉会員
  • 天津印社芸術顧問
  • 洛陽愚楽印社顧問
  • 全中国現代篆刻芸術大展名誉評撰委員
  • 全中国山水杯書画大展名誉評撰委員
  • 中国国際文学芸術博覧会招待
  • 日中聯展2回開催(北京市
  • 新1000年中国国際書法篆刻展招待(西安市
  • 環球国際芸術文化賞受賞(2006年2月)

作品[編集]

  • 高嶋章貞(柳沢書苑、1979年)
  • 安曇野の美術(創林社、1982年)(絶版)
  • 鳥虫篆大鑑(字典)(東京堂出版、1989年)(絶版)
  • 来 楚生印譜
  • 梅 舒適墨戯(絶版)
  • 明科の石造文化財(町教委刊行)
  • 明科町史(一部執筆)(明科町史編纂会、1985年)
  • 丸山楽雲論語篆刻集(中国図書出版社、書号ISBN 978-988-99381-1-6)
  • -鎌府御家人・地頭- 平林氏の消長(2008年3月出版予定)

出典[編集]

  • 西安函受大学教科書(学書法・函受大学出版)
  • 当代篆刻家新作選(西安三泰出版社)
  • 海外書法名家作品集(天津)
  • 金石文字類編(字典・上海書画出版社)
  • 国際 当代書法篆刻大鑑(黒龍江人民出版社)
  • 現代日本篆刻名家100人印集(芸術新聞社)
  • 現代日本名家落款印譜集成(柏書房)
  • 86現代書集成(東京出版)
  • 書で綴る菜根譚(広論社)
  • 私の愛用愛蔵印(芸術新聞社)
  • 書道芸術1983年7月号(日本美術出版)
  • 現代文化1982(現代文化協会刊)
  • 長野県姓氏歴史人物大辞典(角川書店)
  • SQUARE別冊STEP'92(東リKK)
  • 明科町史(明科町教育委員会)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]