中西大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中西大輔(なかにし だいすけ、1970年昭和45年〉[1] -)は、兵庫県出身[1]自転車での冒険家日本アドベンチャーサイクリストクラブ(JACC)所属。植村直己冒険賞を受賞。

略歴[編集]

1970年、兵庫県川西市に生まれる[1]。小学校4年生の時初めて二輪の自転車に乗れるようになる。兵庫県立川西北陵高等学校[2]在学時代に毎日片道約10kmを自転車で通学する。このころ植村直己に憧れ著書を何度も読み返す。

1988年に大学に入学するとニューサイクリング部に入部し日本全国を自転車(ランドナー)で走行する。3年生の夏休みに自転車で単独アメリカ合衆国横断を達成したのを皮切りに卒業までに海外20カ国を走破し世界一周自転車行の夢をいだく。

1992年大学卒業後大和ハウス工業に入社するが6年後に退職し1998年7月念願の自転車(キャンピング車)での世界一周に出発する。

アラスカをスタートし北米南米ヨーロッパアフリカアジアオセアニアと6大陸走破後さらに南米に戻り北米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアを走行し11年後2009年10月11日に最終地大阪へと帰ってくる。但し、11年の間に3度日本へ一時帰国している[3]。そしてこの日地球体験ペダリアン大賞を受賞する。130カ国訪問、走行距離は151,849キロ。

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Profile”. 中西大輔. 2019年7月20日閲覧。
  2. ^ 川西北陵高校で「国際」関係の講演会”. 中西大輔. 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ 『世界130カ国自転車旅行』、p.382。

外部リンク[編集]