中欧国際工商学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
China Europe International Business School (CEIBS)
CEIBS logo.png
校訓 中国深度 全球广度 (China Depth, Global Breadth)
校訓(英語) China Depth, Global Breadth
学校種別 Business School
設立年 1994年
学長 Li Mingjun, Pedro Nueno
学部長 Ding Yuan
大学院生数 1,078
所在地 中国上海市
所属 Shanghai Jiao Tong University
European Commission
Ministry of Foreign Trade
ウェブサイト ceibs.edu
Ceibslogocn.png
ファイナンシャル・タイムズ MBAランキング (2018年) アジア第1位、世界第8位
テンプレートを表示

中欧国際工商学院(ちゅうおうこくさいこうしょうがくいん、China Europe International Business School)略称CEIBSは中国上海市浦東新区にある国際ビジネススクールである。1994年11月に中華人民共和国対外貿易経済合作部(現中華人民共和国商務部)と欧州委員会が合同で非営利の高等教育機関として設立、上海交通大学とEU(欧州連合)企業が出資をしている。経営学修士(MBA)課程、Executive MBA課程、Global EMBA課程、Finance MBA課程、Executive Educationプログラムが置かれており、すべての授業が英語で行われ、中国語での講義には英語の通訳が付く。学生数は1学年約190人で平均年齢は29歳。学生の約7割は中国人(外資系企業や大手国有企業出身者、高級官僚の子弟等のトップエリート;胡錦濤前国家主席の娘も過去に在籍)、約3割は外国人(世界各国の一流企業出身者等)である。"China Depth, Global Breadth"というテーマを掲げ、中華圏のビジネスや人脈形成に強みを持ちながらも、グローバルスタンダードのMBAプログラムを提供してきている。1994年の開校より10年あまりで、英国ファイナンシャル・タイムズの世界MBAランキングのトップ10入りをしている他、米国Forbes、NewsWeek等からもアジアNo.1のビジネススクールとの極めて高い評価を受けている。

沿革[編集]

上海メインキャンパスの景色

CEIBSのMBAプログラムは英国ファイナンシャル・タイムズ世界MBAランキング(2018)にてアジア第1位、世界第8位にランクイン。[1] 2009年にCEIBSはFT世界MBAランキングに中国のビジネススクールで初めてトップ10入りを果たした[2] 。2016年に同社のランキングで世界第13位にランクイン[3]したCEIBS EMBAプログラムは上海、北京、深センを拠点に世界最大規模の700人以上のエグゼクティブ生徒を抱える。また、同スクールが提供する短期エグゼクティブ・プログラムには毎年10,000人以上の生徒が参加している。

CEIBSは1994年に中国初の私立ビジネススクールとして上海市浦東地区に創設された。上海のメインキャンパスは有名な建築家であるHenry N. CobbPei Cobb Freed & PartnersのIan Baderによってデザインされた。2011年に18ヶ月に渡る第3フェーズ建築が行われ、上海キャンパスは2倍の750万平方メートルにまで拡大。

2010年4月24日、CEIBSはIBM, Oracle, Neusoft 等の200以上のテクノロジー企業がリサーチセンターを置いている北京市中関村テクノロジー・パークに北京キャンパスをオープンした。これに伴い、同スクールの全教室数は2倍に拡大した。

北京キャンパスはスペイン系建築会社のIDOMによってデザインされ、EMBA課程とExecutive educationプログラムを設置している。毎年300人以上のEMBA課程卒業生と3000以上のExecutive educationプログラム卒業生を輩出している。

2009年5月、CEIBSはアフリカのガーナ共和国にキャンパスをオープンし、アフリカ初のEMBAプログラムを開講した[4] 。また、CEIBSはアフリカにキャンパスを置く初めてのアジア系ビジネススクールとなった。

2015年11月、CEIBSはチューリッヒローランジ経営研究所を16.5百万フランで買収した。同時に、今後毎月200人以上の中国人マネージャーを教育する計画を発表している。[5]

チューリッヒ経営研究所はCEIBSグローバルEMBAの支柱の一つとして、これまで様々なスタディ・ツアーや短期Executive educationプログラムを提供している。

現在、CEIBSを卒業した外国人生徒の80%はアジア・パシフィック圏内を拠点として活動している。[6]

日本人学生[編集]

CEIBS MBAプログラムは1学生年あたり約190名だが、そのうち日本人留学生の数は、毎年1~2名程度。総合商社、投資銀行、コンサルティング、IT、製造業等、幅広いバックグラウンドの学生が学んでいる。日本人アルムナイはCEIBS公式ブログ等(CEIBS日本人アルムナイ MBA日記)を通じて連絡を取ったり、中国にてCEIBS同級生達によるアルムナイミーティングを通じて定期的に交流が行われている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] - Financial Times. Retrieved on January 26, 2015.
  2. ^ CEIBS MBA Profile - Financial Times. Retrieved on December 2, 2011.
  3. ^ Global EMBA Rankings 2016 - Financial Times. Retrieved on October 20, 2014.
  4. ^ CEIBS EMBA Africa Program - Financial Times. Retrieved on June 12, 2012.
  5. ^ http://www.thelocal.ch/20151109/chinese-acquire-private-zurich-business-school
  6. ^ The Business School Building Boom: How Do MBAs Rate Their Facilities? Business Because, Seb Murray, 27 Jan 2014