中村範明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 範明(なかむら のりあき、1958年12月 – )は、日本の官僚[注釈 1]

人物[編集]

山形県出身。山形県立鶴岡南高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。

略歴[編集]

出典:[1][2][3][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 課長相当職以上で、防衛省等(内閣官房等の防衛関係部局を含む)以外の府省の職に複数回就いた場合は、「防衛官僚」ではなく単に「官僚」としている。

出典[編集]

  1. ^ 防衛省・自衛隊:人事発令” (日本語). www.mod.go.jp. 2020年8月21日閲覧。
  2. ^ 政官要覧. 政官要覧社. (1997~2017年) 
  3. ^ 役員の経歴 (PDF)”. 独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構. 2020年11月13日閲覧。
  4. ^ 独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構の理事長の任命について” (日本語). 防衛省. 2022年7月29日閲覧。
先代
月橋晴信
防衛省中国四国防衛局長
2008年 - 2010年
次代
辰己昌良
先代
柴尾浩朗
防衛省防衛医科大学校副校長(管理担当)
2014年 - 2015年
次代
河村延樹
先代
石塚泰久
防衛省防衛大学校副校長(企画・管理担当)
2015年 - 2016年
次代
武藤義哉
先代
鈴木良之
防衛省防衛研究所長
2016年 - 2017年
次代
山本達夫