中村久仁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 久仁子(なかむら くにこ、1945年2月27日 -2015年6月21日 )は日本の画家、サークルラバー社長。第一美術協会会員。社員に知的障害者や学校退学者など、社会からドロップアウトした若者を積極的に受け入れ、会社を業界シェア1位に押し上げた。50歳でリタイヤし、画廊、喫茶ギャラリーヴィンチ経営し、絵画仲間の会欅の会主宰、慢性白血病により死去。

経歴[編集]

  • 1945年 群馬県太田市に誕生
  • 1965年 東京家政学院短期大学卒業
  • 1965年 桐生市立栄養給食研究所勤務
  • 1966年 中富工業勤務
  • 1974年 東京銀座「はまのや」にて個展
  • 1975年 第一美術協会会員となる。
  • 1975年 株式会社サークルラバー就職
  • 1977年 株式会社サークルラバー社長就任
  • 1990年 画廊・アトリエ「ぎゃらりーヴィンチ」開設
  • 1997年 画集「KUNIKO NAKAMURA 1997」出版
  • 2007年 画文集「遊画」出版

参考資料[編集]

遊画 中村久仁子画文集/求龍堂、2007