中村あき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(なかむら あき、1990年 -)は、日本の推理作家

経歴・人物[編集]

2013年夏に投稿した『ロジック・ロック・フェスティバル 〜Logic Lock Festival〜 探偵殺しのパラドックス』で、第8回星海社FICTIONS新人賞を受賞し[1]、同年11月にデビューに到った。2021年、『チェス喫茶フィアンケットの迷局集』で第3回双葉文庫ルーキー大賞を受賞。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『ロジック・ロック・フェスティバル 〜Logic Lock Festival〜 探偵殺しのパラドックス』星海社FICTIONS、2013年11月。ISBN 978-4-06-138881-9
  • 『トリック・トリップ・バケーション 〜Trick Trip Vacation〜 虹の館の殺人パーティー』星海社FICTIONS、2017年11月。ISBN 978-4-06-510552-8
  • 『ラスト・ロスト・ジュブナイル 〜Last Lost Juvenile〜 交錯のパラレルワールド』星海社FICTIONS、2017年12月。ISBN 978-4-06-510556-6
  • 『チェス喫茶フィアンケットの迷局集』双葉文庫、2021年3月。ISBN 978-4575524543

脚注[編集]

関連項目[編集]