中川静子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中川 静子
(なかがわ しずこ)
ペンネーム 木屋 明子
誕生 1919年大正8年)3月22日
日本の旗 徳島県 麻植郡 川島町
(現・吉野川市
死没 (1994-01-27) 1994年1月27日(満74歳没)
職業 小説家ルポライター、郷土史作家
言語 日本語
国籍 日本の旗
活動期間 1960年 - 1990年
ジャンル 小説エッセイルポ郷土歴史、作詞
代表作 「幽囚転転」「小少将」
「鬼にもあらで」「藍師の家」
主な受賞歴 第25回オール讀物新人賞「幽囚転転」(昭和39年/1964年下期)
第11回徳島県出版文化賞『小少将』(昭和61年/1986年)
デビュー作 幽囚転転
親族 大川隆法
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中川 静子(なかがわ しずこ、1919年大正8年)3月22日 - 1994年平成6年)1月27日)は、徳島県麻植郡川島町(現・吉野川市)生まれの作家。 大川隆法の伯母、(善川三朗の姉)である。

経歴[編集]

1919年(大正8年)、徳島県麻植郡川島町生まれ。小学校卒業後、様々な職を経験する。徳島県の同人誌『飛行船』[1]などで執筆を始める。小説「幽囚転々」が直木賞候補になって間もなく出版社のすすめで上京した。中野あたりのアパートで執筆生活をはじめたが、充分な準備の無いままの都会の一人暮らしゆえ、作品の完成もままならず、1年後には故郷徳島に帰ることになった[2]

以後、郷土の歴史などを中心に文芸作品を創作してゆく。一時期同人誌「藝文」の投稿同人。晩年は、呼吸器系の持病と闘いながら創作活動を続け、小説「藍師の家」が最後の作品となった。

受賞歴・候補歴[編集]

  • 候補 第30回読売短編小説賞(昭和35年/1960年10月)「他生の縁」
  • 候補 第35回読売短編小説賞(昭和36年/1961年3月)「茶湯散華」
  • 候補 第17回講談倶楽部賞(昭和36年/1961年)「禿鷹の拠る城」
  • 第18回講談倶楽部賞[佳作](昭和37年/1962年)「雪をつかむ」木屋明子名義
  • 候補 第56回読売短編小説賞(昭和37年/1962年12月)「日々の不安」
  • 候補 第60回読売短編小説賞(昭和38年/1963年4月)「寂光」
  • 第25回オール讀物新人賞「幽囚転転」(昭和39年/1964年下期)[3]
  • 候補 第52回直木賞(昭和39年/1964年下期)「幽囚転転」
  • 候補 第53回直木賞(昭和40年/1965年上期)「白い横顔」
  • 第2回 徳島県作家協会賞(昭和54年/1979年)「花明かり」
  • 候補 第12回新潮新人賞(昭和55年/1980年)「花明かり」[4]
  • 第7回歴史文学賞[佳作](昭和57年/1982年)「一期は夢よ」木屋明子名義
  • 第11回徳島県出版文化賞(昭和61年/1986年)『小少将』

著作[編集]

単行本[編集]

  • 『鬼にもあらで』近代文芸社、1982年
表題作のほか短編「花明かり」「御陣女郎香が覚え語り」「或る不安な状況」
  • 『小少将』徳島出版、1986年
  • 『藍師の家』井上書房、1990年(徳島新聞 連載、1988年)

その他[編集]

  • 「幽囚転転」『徳島作家』6-7号、1961-63年
    • オール讀物』1964年12月号
    • 『徳島作家代表作選集』徳島作家の会、1974年
  • 「白い横顔」同人誌『暖流』5号、1965年2月
    雑誌『女の部屋』No.2、1970年6月、再掲載[5]
  • 「放浪の記」雑誌『女の部屋』連載、No.3、1970年9月[6]、No.4号1970年11月[7]
  • 平康頼-鹿ケ谷余話」「上桜城哀史」『阿波の歴史小説 1』阿波の歴史を小説にする会編、1980年1
  • 「血の落日-小少将」 『阿波の歴史小説 2 (阿波の女)』阿波の歴史を小説にする会、1981年
  • 「喪失」「往来心得」『とくしまの小説選集 第2集』徳島県作家協会発行、1982年
  • 「鐘の緒の霊異-立江寺」『阿波の歴史小説 3 (特集・阿波の寺)』阿波の歴史を小説にする会、1982年
  • 「祖谷の刀狩りー石童峠」『阿波の歴史小説 4 (特集・阿波の峠・道)』「阿波の歴史を小説にする会、1983年
  • 「箱回し」『阿波の歴史小説 5 (特集・阿波の芸人)』阿波の歴史を小説にする会、1984年
  • 「面劇師/花の家花奴」『阿波の歴史小説 6 (特集・阿波に生きる)』阿波の歴史を小説にする会、1985年
  • 「林道感と朝鮮女」『阿波の歴史小説 7 (特集・阿波の武将)』阿波の歴史を小説にする会、1986年
  • 「小説で叩かれ失脚した徳島城主」『阿波の歴史小説 8 (特集・阿波の城主)』阿波の歴史を小説にする会、1987年
  • 「立ち腹」『阿波の歴史小説 9 (特集・阿波幕末の人々)』阿波の歴史を小説にする会、1988年
  • 「阿波青蓮院物語」『阿波の歴史小説 10』阿波の歴史を小説にする会 1989年

メディア出演・掲載[編集]

  • 徳島新聞2010年6月28日、「藍師の家」朗読劇に 吉野川と阿波藍題材の小説[8]
  • 徳島新聞2011年2月08日、県立文学書道館「ペン一筋に命燃やして-中川静子『藍師の家』」展[9]

霊言[編集]

幸福の科学グループ創始者 兼 総裁、大川隆法による公開霊言で、2012年1月に収録され、2月1日に録画が公開された[10]。中川静子と生前交流のあった同郷の作家 瀬戸内寂聴は、実際にこの霊言を聞き、その内容と感想を雑誌のエッセイで発表している[11]

脚注[編集]

外部リンク[編集]