中川大資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中川 大資
基本情報
本名 中川 大資
階級 ミドル級
身長 182cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1977-10-08) 1977年10月8日(40歳)
出身地 東京都江戸川区
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 22
KO勝ち 17
敗け 4
引き分け 2
テンプレートを表示

中川 大資(なかがわ だいすけ、1977年10月8日 - )は、日本プロボクサー東京都江戸川区出身。第47代日本ウェルター級王者。第32代日本スーパーウェルター級王者。第58代日本ミドル級王者。帝拳ボクシングジム所属。東洋高等学校卒業。自身の旧ブログによれば心拍数は30bpm台である[1]

来歴[編集]

1997年2月28日、プロデビュー戦に初回KO勝利を収めた。同年11月8日、プロ4戦目で東日本ウェルター級新人王トーナメント決勝戦に臨み、内藤賢之(シシド)に初回KO負けを喫して、しばらくリングを去った。

6年を経た2003年12月6日、茂木修との4回戦に2-1の判定勝利を収め、再起を果たした。2005年8月20日、小野寺洋介山(オサム)との5回戦は3ジャッジともに46-49のスコアとなり、判定負けを喫した。2006年4月1日、沼田康司トクホン)との6回戦には58-56、58-57、58-58の2-0で判定勝利を収めた。

2008年日本タイトル挑戦権獲得トーナメント「最強後楽園」ウェルター級には当初、山口裕司もエントリーしていたが、沼田への挑戦決定により外れたため、10月8日の牛若丸あきべぇ協栄)との1戦目が決勝戦となった。中川はこれに3RTKO勝利を収めて優勝、MVPにも選ばれた[2]

2009年2月9日、日本ウェルター級王者沼田康司に同2位として挑戦。約3年前の沼田との対戦から5戦連続KO勝利を含む6連勝中であったが、倒すことよりも勝利にこだわり、中盤には強打を受ける場面があったものの的確なパンチでペースを譲ることなく、100-92、99-92、98-92の大差3-0の判定勝利で王座を獲得した[3]。中川はこの試合に対し、東日本ボクシング協会の平成21年2月度月間敢闘賞を受けた。

2009年6月6日、2位・斉藤幸伸丸(輪島S)を迎えての初防衛戦では序盤に動きが硬く、斉藤のスピードに右ショートアッパーで応戦しながらもポイントで大きくリードされたが、5Rの右ボディで失速させて徐々に挽回、7Rの打ち合いに右ストレートから連打でダウンを奪ったところでレフェリーが試合をストップ。逆転の7RTKO勝利で防衛に成功した[4]。同年12月5日、12位・山川和風(金子)に10RTKO勝利を収めて2度目の防衛に成功した[5]

2010年4月3日、OPBF東洋太平洋ウェルター級1位の日本同級王者として、日本ウェルター級1位・OPBF同級5位の井上庸(ヤマグチ土浦)と対戦し、初回と2Rに合わせて2度のダウンを喫したが中盤から徐々に挽回し、9Rにはダウンを奪い返して三者三様の引分判定(95-94、93-95、93-93)で3度目の防衛を果たした[6][7]。同年8月7日には5位の沼田康司との3度目の対戦として防衛戦を行う予定だったが、左肋軟骨骨折により中止し[8]、王座を返上した[9]

2011年7月2日、後楽園ホールでインドネシアスーパーウェルター級1位のバンバン・ルサディと対戦し、4回KO勝利を収めた[10]

2012年2月4日、切間庸裕(折尾)と日本スーパーウェルター級王座決定戦で争い、10回TKO勝ち。日本王座2階級制覇を達成した[11]

2012年6月2日、柴田明雄ワタナベ)と対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した[12]

柴田戦の試合後に引退を表明したが同年6月24日に自身のブログで引退を撤回[13]2013年2月2日に再起となる試合で日本ミドル級3位の下川原雄大(角海老宝石)とミドル級10回戦を行い、3-0のユナニマス・デシジョンで8ヶ月振りとなる試合で日本ランカーを退けた[14]

2013年6月1日、インドネシアのミドル級ランカーアルビン・マルブンと160ポンド契約10回戦を行い、3回TKO勝利でミドル級転向2戦目も危なげない勝利を収めた[15]

2013年8月3日、後楽園ホールにて日本ミドル級王者の胡朋宏横浜光)に挑戦し、7回2分56秒TKO勝利で史上4人目となる日本王座3階級制覇を達成した[16]

2014年3月1日、自身の持つ日本ミドル級王座と柴田明雄(ワタナベ)の持つOPBF東洋太平洋ミドル級王座を懸け、日本王座とOPBF王座の統一を目指したが、0-3(113-115、113-116、111-117)の判定負けを喫し日本ミドル級王座から陥落した[17]。試合後、引退表明[18]

戦績[編集]

プロボクシング:28戦22勝(17KO)4敗(1KO)2分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1997年2月28日 勝利 1R 1:49 KO 太田司 日本の旗 日本
(協栄)
プロデビュー戦
2 1997年7月5日 勝利 4R 判定 斉藤秀樹 日本の旗 日本
(角海老宝石)
3 1997年9月29日 引分 4R 判定 川上三雄 日本の旗 日本
(石川)
4 1997年11月8日 敗北 1R 2:39 KO 内藤賢之 日本の旗 日本
(シシド)
第54回東日本ウェルター級新人王
トーナメント決勝戦
5 2003年12月6日 勝利 4R 判定2-1 茂木修 日本の旗 日本
(沖)
6 2004年2月21日 勝利 1R 1:41 TKO 足立哲也 日本の旗 日本
(F・I)
7 2004年12月4日 勝利 5R 2:49 TKO 十二村喜久 日本の旗 日本
(赤城)
8 2005年6月6日 勝利 3R 2:30 TKO 倉田和幸 日本の旗 日本
(ワタナベ)
9 2005年8月20日 敗北 5R 判定0-3 小野寺洋介山 日本の旗 日本
(オサム)
第19回KSD杯争奪B級トーナメント
ウェルター級準決勝
10 2006年4月1日 勝利 6R 判定2-0 沼田康司 日本の旗 日本
(トクホン真闘)
11 2007年5月5日 勝利 7R 2:22 TKO ゴンスリヤ・ソーターンティップ タイ王国の旗 タイ スーパーウェルター級契約
12 2007年8月11日 勝利 2R 1:12 KO アデ・アルフォンス  インドネシア
13 2007年11月3日 勝利 3R 2:41 TKO 池田好治 日本の旗 日本
(宮田)
14 2008年4月19日 勝利 5R 2:47 TKO 赤澤慎治 日本の旗 日本
(神拳阪神)
15 2008年10月8日 勝利 3R 1:44 TKO 牛若丸あきべぇ 日本の旗 日本
(協栄)
日本タイトル挑戦権獲得トーナメント
ウェルター級決勝戦(MVP受賞)
16 2009年2月9日 勝利 10R 判定3-0 沼田康司 日本の旗 日本
(トクホン真闘)
日本ウェルター級タイトルマッチ
17 2009年6月6日 勝利 7R 2:36 TKO 斉藤幸伸丸 日本の旗 日本(輪島功一スポーツ) 日本王座防衛1
18 2009年12月5日 勝利 10R 2:01 TKO 山川和風 日本の旗 日本
(金子)
日本王座防衛2
19 2010年4月3日 引分 10R 判定1-1 井上庸 日本の旗 日本
(ヤマグチ土浦)
日本王座防衛3
20 2011年3月5日 勝利 1R 2:59 TKO ジャーメド・ジャラランティ  インドネシア
21 2011年7月2日 勝利 4R 0:20 KO バンバン・ルサディ  インドネシア
22 2011年10月18日 勝利 4R 2:59 TKO 田中徹 日本の旗 日本
(横浜光)
23 2012年2月4日 勝利 10R 0:58 TKO 切間庸裕 日本の旗 日本
(折尾)
日本スーパーウェルター級王座決定戦
24 2012年6月2日 敗北 10R 判定0-3 柴田明雄 日本の旗 日本
(ワタナベ)
日本スーパーウェルター級王座陥落
25 2013年2月2日 勝利 10R 判定3-0 下川原雄大 日本の旗 日本
(角海老宝石)
26 2013年6月1日 勝利 3R 2:57 TKO アルビン・マルブン  インドネシア
27 2013年8月3日 勝利 7R 2:56 TKO 胡朋宏 日本の旗 日本
(横浜光)
日本ミドル級タイトルマッチ
28 2014年3月1日 敗北 12R 判定0-3 柴田明雄 日本の旗 日本
(ワタナベ)
日本・OPBFミドル級王座統一戦
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中川大資オフィシャルブログ『苦あれば楽あり!』 - 中川大資のルーム(プロフィール) 2009年3月9日閲覧
  2. ^ 中川大資らが日本王座挑戦権 サンケイスポーツ 2008年10月8日閲覧
  3. ^ 31歳中川、初挑戦で王座奪取!/BOX(2/2ページ) サンケイスポーツ 2009年2月10日閲覧
  4. ^ ダブルタイトル大熱戦 - 中川KO初防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月6日閲覧
  5. ^ 中川、最終回TKO勝ち 日本ウェルター級王座V2 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月6日閲覧
  6. ^ 中川が辛くも3度目の防衛 日刊スポーツ 2010年4月3日閲覧
  7. ^ 中川-井上ダウン応酬、ドロー 日本ウェルター級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年3月28日閲覧
  8. ^ 日本王者中川の防衛戦が骨折で中止 日刊スポーツ 2010年7月30日閲覧
  9. ^ 下田、経験の差を見せる…7日・東洋太平洋Sバンタム級戦 スポーツ報知 2010年8月7日閲覧
  10. ^ S・ウェルター転向の中川KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2011年7月3日閲覧
  11. ^ 中川は2階級制覇 日本S・ウェルター級決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年2月5日閲覧
  12. ^ 柴田が王座返り咲き 負けた中川は引退表明 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年6月3日閲覧
  13. ^ 撤回 中川大資オフィシャルブログ「苦あれば楽あり!!」 2012年6月24日閲覧
  14. ^ 亀海が右1発 2回KO勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年2月2日閲覧
  15. ^ 中川TKO勝ち3階級制覇へ/ボクシング 日刊スポーツ 2013年6月1日閲覧
  16. ^ 【BOX】中川、日本3階級制覇 村田と練習効果だ! スポーツ報知 2013年8月4日閲覧
  17. ^ 柴田がミドル級王座統一、中川を判定で下す Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月1日
  18. ^ 中川大資が現役引退「もう引退撤回ない」 日刊スポーツ 2014年3月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
沼田康司
第47代日本ウェルター級王者

2009年2月9日 - 2010年8月3日(返上)

空位
次タイトル獲得者
加藤壮次郎
空位
前タイトル保持者
チャーリー太田
第32代日本スーパーウェルター級王者

2012年2月4日 - 2012年6月2日

次王者
柴田明雄
前王者
胡朋宏
第58代日本ミドル級王者

2013年8月3日 - 2014年3月1日

次王者
柴田明雄