中川久成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
中川 久成
Nakagawa Hisanari.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永3年8月4日1850年9月9日
死没 明治30年(1897年5月3日
官位 従五位下、内膳正
幕府 江戸幕府
豊後岡藩
氏族 中川氏
父母 父:中川久昭
兄弟 久成板倉久知武夫
正室:押小路実潔の娘
養子:久任

中川 久成(なかがわ ひさなり)は、豊後岡藩の第13代(最後)の藩主。

嘉永3年(1850年)8月4日、第12代藩主・中川久昭の長男として生まれる。明治2年(1869年)9月23日、父久昭の隠居により、家督を継いだ。同時に藩知事に就任した。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官された。明治8年(1875年)7月、司法省に出仕する。明治9年(1876年)10月、退職する。

明治17年(1884年)に伯爵に叙された。明治23年(1890年)7月10日、貴族院議員に選ばれて、死亡するまで在職した。明治30年(1897年)5月3日、48歳で死去した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。


日本の爵位
先代:
創設
伯爵
)中川家初代
1884年 - 1897年
次代:
中川久任