中川久徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 久徳(なかがわ ひさのり、延享2年(1745年) - 文化8年8月24日1811年10月11日))は、豊後岡藩の世嗣。第8代藩主・中川久貞の次男。正室は丹羽高庸の娘。子は中川久遠(長男)、中川久持(次男)、宣(松平正路正室)。官位は従五位下、内膳正。

兄の中川久賢が早世したため、岡藩嫡子となる。明和5年(1768年徳川家治に拝謁し叙任するが、不行跡のため天明3年(1783年)に廃嫡された。代わって、長男・久遠が嫡子となる。

文化8年(1811年)、67歳で没した。