中島篤志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 篤志(なかじま あつし、1962年 - )は、東松苑ゴルフ倶楽部代表取締役・理事長。群馬県桐生市出身。中島常幸の実弟。弟にプロゴルファー中島和也・妹に中島恵利華・父は中島巌。従来は「芝をいためる」として敬遠されてきた車椅子ゴルフをほかに先駆けて導入するなど、福祉運動家としても活動している。敬虔なクリスチャンとして知られる。

経歴[編集]

  • 3歳からゴルフをはじめる
  • プロゴルファーを目指し、練習に明け暮れる
  • 兄の中島常幸と一緒に練習していたが、あまりにも偉大な兄に当然レベルは追いつかず、次第に悩むようになる。
  • 1982年 中島巌がゴルフ場会社を設立したのを機に、引退。父の会社に入社する
  • 1995年 中島巌が死去。社長に就任。バブル崩壊のあおりを食って会社経営が行き詰まる
  • 2000年 裁判所に民事再生法の申請。会社経営に悩み、自殺未遂を繰り返す
  • 2001年 うつ病と診断され、精神科に入院。その後キリスト教に入信。その後、何とか経営を持ち直す
  • 2002年 車椅子ゴルフを導入。車椅子にのる人たちに門戸を開いた
  • 2003年 テレビ番組「ハーベストタイム」に出演。「ゴルフ界の名物頑固オヤジの息子として」と題して中島巌・中島常幸について語った

外部リンク[編集]