中島恵利華

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TransparentPlaceholder.svg 中島 エリカ Golf pictogram.svg
Erika NAKAJIMA
基本情報
名前 中島 エリカ
生年月日 (1965-02-04) 1965年2月4日(57歳)
身長 165 cm (5 ft 5 in)[1]
体重 54 kg (119 lb)[1]
出身地 群馬県桐生市[1]
経歴
プロ転向 1986年[1]
成績
優勝回数 日本女子:4回
初優勝 1986年 Qtai・北陸クイーンズ
賞金ランク最高位 日本女子:7位 (1989年)
2016年1月17日現在
テンプレートを表示

中島恵利華(なかじま えりか、1965年2月4日[1] - )は、日本プロゴルファー横峯さくら諸見里しのぶ宮里藍らアイドルゴルファーの先駆け的存在[2]。2016年1月現在の登録名は中島エリカとなっている[1][2][3]

略歴

15歳で出場した日本女子オープンゴルフ選手権競技でいきなり7位に入り、その華麗なルックスとともに大きな反響を呼んだ[2]1984年に全日本サンスポ女子アマ大会でぶっちぎりの優勝を飾ると[2]、1985年にプロテスト合格し翌1986年日本女子プロゴルフ協会入会[1]。通算4勝を挙げる[1][2]2003年に子宮ガンが発見されるが、幸いにも命に別状はなく、2004年の日本女子オープン関東地区予選で見事に復帰した[2]中嶋常幸中島和也は実兄[2]

優勝記録

日本女子

No. 日程 大会 スコア 2位との差 2位(タイ)
1 1986年8月8-10日 Qtai・北陸クイーンズ −5 (70-71-70=211) プレーオフ 日本の旗 樋口久子
日本の旗 大谷真里子
日本の旗 若浦みどり
2 1986年9月19-21日 ミヤギテレビ杯女子オープン −6 (73-67-37=177) 2打差 日本の旗 永田富佐子
3 1989年3月17-19日 マルコーレディス 0 (74-70-72=216) プレーオフ 台湾の旗 涂阿玉
4 1989年9月1-3日 フジサンケイレディスクラシック −2 (70-74=144) 1打差 日本の旗 浜田光子
台湾の旗 黄玥珡

脚注

  1. ^ a b c d e f g h 中島 エリカ プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2016年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 実力もルックスも兼ね備える中島恵利華は、元祖アイドルゴルファー”. ゴルフ情報ナビゲート. 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ 殿堂コラム: 第19回日本女子プロゴルフ選手権(1986年)”. 日本プロゴルフ殿堂 (2015年7月21日). 2016年1月16日閲覧。

外部リンク