中原和郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1956年

中原 和郎(なかはら わろう、1896年1月16日 - 1976年1月21日)は、日本生化学者医学博士日本学士院会員。がんの生化学的研究で知られる。

人物[編集]

鳥取県河村郡(現・湯梨浜町)生まれ。1918年コーネル大学を卒業後、ロックフェラー医学研究所理化学研究所東大伝染病研究所などで研究を進める。1923年 京都大学医学博士 「淋巴球に関する研究 」。 1948年から財団法人癌研究会所長を務め、1962年、国立がんセンター研究所初代所長となる。所長時代には、がん細胞からトキソホルモンの抽出に成功するなど、研究所の存在を確立。1965年に福岡文子との共同研究で学士院賞を受賞。1974年からは同センター総長を務めるが、1976年に心筋梗塞にて死去[1]

外国産コレクションの草分け、日本産蝶の分類研究者としても知られ、晩年には自身のコレクションを国立科学博物館に寄贈している[2]

著書[編集]

  • 『ビタミンの話』主婦之友社 1948 うち中で読む科学の本
  • 『癌』1955 岩波新書

共編著[編集]

  • 『癌研究の進歩』吉田富三共監修 医学書院 1956
  • 『世界の蝶 原色図鑑』黒沢良彦共著 北隆館 1958
  • 『癌の生化学』編 医学書院 1960
  • 『細胞生物学』藤井隆,三浦義彰共編 朝倉書店 1967

脚注[編集]

  1. ^ 緒方正美(1976)「訃報」『やどりが』85・86: 60.
  2. ^ 成富安信(1976)「中原和郎先生を偲ぶ」『やどりが』85・86: 66-7.

外部リンク[編集]