中井銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中井銀行(なかいぎんこう)は、明治末期から昭和初期にかけて存在した、日本の私立銀行。本店は東京市日本橋区金吹町にあった。

沿革[編集]

1714年(正徳4年)頃より[1]江戸で幕府や諸大名金御用及び酒問屋を営んでいた中井家(屋号播磨屋[2]の末裔で、大蔵省為替方などを歴任していた中井新右衛門1883年(明治16年)6月25日に10万円を資本として開業[3]

1893年(明治26年)7月に合名会社に改組、資本金30万円とする。1897年(明治30年)7月に資本金を 70万円に、 1902年(明治35年)に 100万円とする。1920年(大正9年)3月に株式会社中井銀行に合併させる形で株式会社に改組。

1927年(昭和2年)2月頃より日本銀行による資産評価が行われ、1,100万円の不足が認定 [4]。同3月19日には東京渡辺銀行取り付け騒ぎを発端にした混乱で休業する。1928年(昭和3年)3月、 昭和銀行安田銀行富士銀行第一勧業銀行などを経て現在のみずほ銀行の一部)に買収された。

店舗網[編集]

  • 本店
東京市日本橋区金吹町
  • 支店
日本橋区坂本支店
南足立郡千住支店
埼玉県浦和岩槻杉戸粕壁など

脚注[編集]

  1. ^ 第438話 酒蔵の町・新川ものがたり 「㈱中井銀行」”. オーガニック日本酒育成機構. 2016年5月13日閲覧。
  2. ^ 武蔵国江戸金吹町播磨屋中井家文書”. 国文学研究資料館. 2016年5月13日閲覧。
  3. ^ 達間平一郎著『財界一百人
  4. ^ 大阪朝日新聞(1927年8月30日)(神戸大学附属図書館によるデジタル化資料

関連項目[編集]