上野泰 (俳人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上野 泰(うえの やすし、大正7年(1918年) - 昭和48年(1973年2月21日)は、日本の俳人。妻の上野章子高浜虚子の六女である。

略歴[編集]

横浜市の出身。立教大学経済学部卒業。昭和17年(1942年)、高浜虚子の六女・章子と結婚した。出征、復員の後、小諸に疎開中の虚子から俳句を学び、戦後の『ホトトギス』の新人として、野見山朱鳥と並び賞された。虚子から「泰の句に接すると世の中の角度が変わって現れてくる。」と評され、「新感覚派と呼んだらどんなものであろう。」と評された。家業の運送業の経営に加わりながら、昭和26年(1951年)『春潮』を主宰した。昭和48年(1973年)2月21日、癌のために急逝した。

代表句[編集]

  • 「春眠の身の閂を皆外し」
  • 「ふらここの宙を二つに割り遊ぶ」
  • 「干足袋の天駆けらんとしてゐたり」
  • 「海女として鉄道員の妻として」

句集[編集]

  • 『佐介』(書林新甲鳥・1950年)
  • 『春潮』(花鳥堂・1955年)
  • 花神コレクション『俳句』(花神社・1994年)
  • 『一と月一句 上野泰 章子秀句』(三信図書・1996年)

参考文献[編集]