上杉春雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 春雄(うえすぎ はるお、1967年 - )は、医師ピアニスト

来歴[編集]

北海道河西郡芽室町生まれ[1]北海道札幌南高等学校北海道大学医学部卒業。東京大学大学院医学系研究科にて博士号を取得。スウェーデンに留学。専門は神経内科、特に筋電図神経内科医としての活動の傍ら、ピアニストとして日本全国で演奏会を開く他、複数のCDを発表している。

ピアニストとして[編集]

5歳よりピアノを学び、12歳の時にデビューを果たした[2]。1981年PTNAヤングピアニストコンペティション全国大会グランプリ[2]毎日学生音楽コンクール東日本大会第2位[2]。1982年にはアメリカで演奏旅行を行う[2]音楽大学を出ていないにもかかわらず、北海道大学医学部在学当時の1986年にマリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクールで入賞[2]、1988年にサントリーホール大ホール、大阪シンフォニーホールでデビューリサイタルを開いた[2][3]。また1990年、諏訪内晶子とのジョイントコンサートを各地で開いた[3]

1991年に北海道大学を卒業、東京都内で勤務を開始、その後1996年に東京大学大学院医学系研究科に進学、2000年に博士 (医学)の学位を取得した。またこの年スウェーデンウプサラ大学に留学した[2]

その後は演奏活動を休止していたが、2003年に演奏活動を再開した[2][3]。医師として救急医療の現場で働きながらピアニストとして活動を続ける姿勢は、新聞・雑誌・テレビ等で数多く紹介されている他、NHKの『名曲リサイタル』にも登場している[3]。最近は、『月刊Will』等への執筆活動も行なっている。

レパートリーは、バロック音楽からバッハモーツァルトベートーヴェンシューベルトシューマンショパンムソルグスキードビュッシーラヴェルメシアンなどと広範に及び、日本の現代作曲家の作品もしばしば演奏している。特にバッハは、2007年より《平均律クラヴィーア曲集》全曲を演奏する企画に取り組み[4]、2013年に完結させている。また、ムラヴィンスキーが若き日に作曲したピアノ作品を演奏、紹介した事もある。室内楽にも積極的で、オーストリアのチェロ奏者アダルベルト・スコチッチ (Adalbert Skocic) との共演も行なっている。

こうしたコンサート活動の一方で、病院でのコンサートを、札幌を中心に行なっている。

作曲家の池辺晋一郎との交流も深く、これまで道内でジョイントコンサートを度々開催している[5][6]

CD[編集]

  • ストラヴィンスキー : 「ペトルーシュカ」からの3楽章/ムソルグスキー : 組曲「展覧会の絵」
  • ショパンリサイタル
  • ピアノリサイタル
  • AQUA~水・生と死の間を流れるもの
  • トロイメライ
  • バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第1巻

書籍[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HBCラジオ「ほっかいどう元気びと」
  2. ^ a b c d e f g h Profile”. オフィシャルサイト. 2011年5月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 上杉春雄”. サウンドギャラリー. 2011年5月7日閲覧。
  4. ^ 「医師とピアニスト両立上杉春雄 - バッハ「平均律」全48曲6年かけて挑戦」北海道新聞、2007年12月10日夕刊
  5. ^ 「ベートーベンの魅力 言葉と音で - キタラで6月6日 池辺晋一郎とコンサート」北海道新聞、2008年5月31日夕刊
  6. ^ 「池辺晋一郎と上杉春雄が合同演奏会」北海道新聞、2010年6月4日夕刊

外部リンク[編集]