三遊亭圓鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遊亭 圓鶴さんゆうてい えんかく
本名 倉片 順六
生年月日 1850年
没年月日 1901年9月21日
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代三遊亭圓朝
名跡 1. 春風亭勢朝
2. 三遊亭圓鶴(1877年 - 1901年)
活動期間 ? - 1901年
家族 三遊一朝(兄)
橘家鶴蔵(長男)
所属 三遊派

三遊亭 圓鶴(さんゆうてい えんかく、1850年 - 1901年9月21日)は、武州所沢(現:埼玉県所沢市)出身の落語家。本名は倉片順六。兄は同じ落語家の三遊一朝

明治初期に兄と同じ三遊亭圓朝の下に入門して、兄が名乗った勢朝を名乗り、1877年ころに圓鶴と改名する。

1901年9月21日盲腸で死去。享年51。亡くなる直前『噺家は自分一代で沢山、子孫は落語家になってはいけない』と遺言と『亡き父の月と変らぬ死出の旅』と言う辞世の句を残した。

なお、一朝は圓鶴よりも長寿であり、圓鶴が死去してから29年後の1930年に亡くなった。一朝は圓朝一門でも最も長寿であった。

長男助次郎は父の遺言に背向き4代目橘家圓蔵門下で落語家になり、鶴蔵を名乗ったが、前座で廃業した。次男も貞蔵を名乗ったが早死した。