三浦竹泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三浦 竹泉(みうら ちくせん)は京焼清水焼)の窯元・名跡。当代は5代。

系譜[編集]

  • 初代 竹泉(1853年嘉永6年) - 1915年(大正4年)3月19日
    本名「渡邉政吉(駒次郎)」。号「有声居」後「篩月庵」。13歳の時に3代高橋道八に弟子入り。1883年(明治16年)に独立し、五条坂に窯を構える。ヨーロッパの色彩を磁器に応用するなど進取の意に富んだ人物で、京焼の改良に貢献。器用な人物で、得意分野も染付祥瑞、吹墨、色絵、金襴手など多彩。文人との交流も盛んに行い、書画を趣味とする。また『和漢対象陶説』漢訳版を出版。
  • 二代 竹泉(1882年(明治15年) - 1920年(大正9年))
    父の死後襲名。そのわずか5年後に早世。
  • 三代 竹泉(1900年(明治33年) - 1990年(平成2年))
    初代竹泉末子。兄二代竹泉早世と兄の子息幼少のため、1921年(大正10年)襲名。1931年(昭和6年)に四代に家督を譲るが以後も「竹軒」と号し製作を続ける。
  • 四代 竹泉(1911年(明治44年) - 1976年(昭和51年))
    二代長男。1931年(昭和6年)に四代襲名。主に煎抹茶器を製作。
  • 五代 竹泉(1934年(昭和9年)8月31日[1] - ) ※当代
    四代長男。幼名「徹」。1957年(昭和32年)同志社大学文学部卒。日本文化史及び美学・芸術学を専攻。父の元で修行の後、1972年(昭和47年)襲名。京焼の歴史研究でも第一人者の一人である。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.491

関連項目[編集]

  • 入間市博物館狭山茶の主産地として茶をメインテーマとし、煎茶道具を多数所蔵。2003年より5年連続で「館蔵煎茶道具展」を開催。