三ツ木秀治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三ツ木 秀治
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1902 - 1930
最終階級 陸軍少将
除隊後 実業家
テンプレートを表示

三ツ木 秀治(みつぎ ひではる、1879年明治12年)9月30日 - 1952年昭和27年)1月15日[1])は、日本の陸軍軍人実業家。最終階級は陸軍少将予備役後は京豊自動車工業社長などを勤めた。

生涯[編集]

福島県出身。旧姓東海林。三ツ木家の養子となる。陸軍士官学校13期を卒業し、1902年(明治35年)少尉任官。兵科は輜重中村孝太郎建川美次福井重記などが同期生である。日露戦争に出征し、輜重兵第8大隊附[2]、技術審査官、自動車隊附、陸軍省砲兵課員、仙台輜重兵大隊長、陸軍自動車学校教育部長などを歴任。フランス留学の経験を持つ。1930年(昭和5年)3月6日、少将へ昇進し同月25日に予備役となる。

その後は自動車関連の実業家となる。三ツ木が社長を務めた京豊自動車工業は、京三製作所が協力関係にあった豊田自動織機らと共同出資し、1934年(昭和9年)に設立した自動車会社である[3]。他に自動車部品製造専務、自動車工業取締役などを兼任した。稚松会会員。

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献『日本陸軍将官辞典』697頁。
  2. ^ 『稚松会会誌』
  3. ^ 株式会社 京三製作所 京三号伝説 京三号ヒストリー 2012年5月7日閲覧

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社『大衆人事録 東京篇』(第13版、1939年)
  • 太平洋戦争研究会 『日本陸軍将官総覧』PHP出版
  • 財団法人 稚松会名簿』(1937年12月発行)
  • 『稚松会会誌』(1912年3月発行)
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。