七戸家国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
七戸家国
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正19年(1591年)9月
主君 南部晴政晴継信直
氏族 七戸氏
父母 父:七戸直国
兄弟 家国慶高
テンプレートを表示

七戸 家国(しちのへ いえくに)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将南部氏の家臣。陸奥国上北郡七戸城主。

略歴[編集]

七戸直国の子として誕生。

陸奥西部から侵攻する大浦為信と戦うが、その勢いを止めることはできず、所領の平内を奪われた。

天正19年(1591年)、九戸政実の乱の際、九戸政実に与同し、近隣の出法寺城六戸城を攻撃した。政実らと共に討伐軍を翻弄したが降伏。後に処断された。

脚注[編集]

出典[編集]

  • 『岩手県史 第3巻 中世篇 下』岩手県、1961年10月20日。
  • 「角川日本姓氏歴史人物大辞典」編纂委員会『角川日本姓氏歴史人物大辞典 第3巻 「岩手県姓氏歴史人物大辞典」』角川書店、1998年5月18日。ISBN 4-04-002030-8

登場作品[編集]