一輪亭花咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一輪亭 花咲(いちりんてい はなさく)は上方落語上方仁輪加名跡。 初代は桂花咲として名乗っていた。

仁輪加の世界では花咲の名は古くからある名跡のひとつで落語とは偶然に生まれた名前。

初代[編集]

桂花咲1878年 - 1916年8月9日)は、本名: 西田鹿蔵。

大阪の生まれ、15、6歳の頃から千日前の盛り場をうろつく不良少年だったがその後見世物小屋の呼び込みになり踊ったり、喋ったりして客に愛想を取っていた。1897年桂家雁篤がスカウトし軽口のコンビに迎え入れ7代目桂文治の門下に入れ桂花咲の名を貰う。しかし地位扱いで古参の噺家にいびられる事もあった。

雁篤引退後は噺家に転じたが正式な修行期間がなかったため軽口出身者だけに器用さがあったが上手くはなかった。それでも噺家としては美男子で女性客には人気は十分にあった。余芸の色声や書生踊りで学生受けもよかった。「二番目芝居」「黄金の大黒」「桜の宮」などを得意とした。

2代目[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
2代目 一輪亭いちりんてい 花咲はなさく
本名 太刀 末蔵
生年月日 1887年2月15日
没年月日 (1981-07-15) 1981年7月15日(94歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 6代目林家正楽
名跡 1. 右楽(1907年 - ?)
2. 右郎坊(不詳年)
3. 2代目桂花咲(? - 1924年)
4. 一輪亭花咲(1924年 - 1981年)
活動期間 1907年 - 1981年
活動内容 上方落語、軽口、仁輪加
所属 浪花落語反対派
受賞歴
大阪文化祭賞
上方お笑い大賞功労賞
大阪市民表彰
伝統文化ポーラ特賞

一輪亭花咲1887年2月15日 - 1981年7月15日)は、本名: 太刀末蔵。

大阪生まれ、父は浮世亭都枝と言う名の仁輪加師で8歳の時に死去し堂島中町「松伝」という京染屋に奉公。自身も9歳で染物屋へ奉公をしながら仁輪加師として初舞台、その後仁輪加の衰退で噺家になり1907年6代目林家正楽の門で右楽。さらに大正初年頃右郎坊を経て大正中期頃に浪花落語反対派に身を投じ2代目を桂花咲として襲名。後の1924年に落語界を離れ仁輪加師として活動するようになり旅興行「楽天座」を結成し一輪亭花咲として活動始める。噺家時代は「顔芸」の珍芸や軽口で売り物にしていた。SPレコードも桂花咲として残している。一輪亭の亭号を命名したのは一説に正岡容とも言われている。軽口時代は桂次郎坊と組むことが多かった。舞台の活動のほかに継承に力を注ぎ仁輪加の台本を100冊以上執筆し後世に残した。1974年に大阪文化祭賞、1975年上方お笑い大賞功労賞、1978年に大阪市民表彰、1981年に伝統文化ポーラ特賞各受賞。弟子には一輪亭花蝶がいる。

3代目[編集]

一輪亭花咲 - 2代目露の五郎兵衛の仁輪加師としての名前。

4代目[編集]

一輪亭花咲 - 露の團四郎の仁輪加師としての名前。

出典[編集]