一般意志2.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般意志2.0(いっぱんいしにーてんぜろ)は2011年講談社から発行された、東浩紀のエッセイ。講談社の月刊情報誌『本』において連載されたのち2011年12月に同社から出版された。

存在論的、郵便的』を発表して以降、東浩紀は日本の学者的な現代思想とは距離を取りつつ、『動物化するポストモダン』などを発表し、いずれデリダ論を更新することを予告しつつ、文芸誌に寄稿したりテレビに出演したり若手批評家を育成することに、10年近く活動の力点をおいていた。

そのあいだweb世界ではニコニコ動画Twitterが登場したりしていた、その両方にかかわりつつ、東はデリダの起源であるジャン=ジャック・ルソー一般意志を、新しいメディアを活用し表現し直した。

ただし、実際の人間の生き死にがかかわる政治的問題を、ニコニコ動画のようなおふざけメディアを通して論ずるのはやめてほしいなどの批判が日本政策学校第2回開学前記念シンポジウムにおいて上がった。

概要[編集]

本書はジャン=ジャック・ルソーの古典である社会契約論、特にそこで提示される一般意志の概念を、現代の情報技術環境において実装可能なものとして読み直すこと、またその結果提案される一般意志と共に現代のメディアや民主主義の可能性について論じた本である。

参考[編集]

関連項目[編集]

重要単語[編集]

外部リンク[編集]