一般図 (地図)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一般図(いっぱんず、英語: general map)とは、特定の主題表現がなされていない地図のことである[1]。一般図では、地形集落、交通路のみが描写対象になる[2]

一般図に該当するものとして、国土地理院発行の地形図地勢図地方図[1]、地方自治体発行の白地図[2]学校教育で用いられる地図帳の基本図[3]などが挙げられる。

一般図は、主題図を作成するうえでのベースマップになる[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宮坂 2011, p. 183.
  2. ^ a b 西岡 2013, p. 136.
  3. ^ a b 野間ほか 2017, p. 70.

参考文献[編集]

  • 宮坂和人 著「地図の表現方法と地図デザイン」、上野健一・久田健一郎 編 『地球学調査・解析の基礎』古今書院〈地球学シリーズ〉、2011年、183-187頁。ISBN 978-4-7722-5254-6 
  • 西岡尚也 著「一般図と主題図」、人文地理学会 編 『人文地理学事典』丸善出版、2013年、136-137頁。ISBN 978-4-621-08687-2 
  • 野間晴雄香川貴志土平博山田周二河角龍典小原丈明 編 『ジオ・パルNEO 地理学・地域調査便利帖』(第2版)海青社、2017年。ISBN 978-4-86099-315-3