一氏義良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一氏 義良(いちうじ よしなが、1888年6月11日 - 1952年2月21日)は、日本美術評論家

島根県八束郡東出雲町(現・松江市)揖屋に生まれる。早稲田大学英文科を卒業。ヨーロッパに遊学。イギリス大英博物館図書室で読んだ本に感銘を受ける。帰国後は、海外の美術や現在の動向、とくに古代エジプト美術の紹介に努めた。

雑誌『中央美術』を創刊して編集に携わり、また、平凡社の百科事典や世界美術全集の編集にも関わった。中国に赴いて研究を深め、『支那美術史』を著した。

著書[編集]

  • 『世界文化史物語』、誠文堂、1924年。
  • 『立体派 未来派 表現派』、アルス、1924年5月。
  • 『原始及古代の文化』(『世界文化史大系』第1巻)、アルス、1926年。
  • 『エジプトの芸術』、アルス、1927年1月。
  • 『支那美術史』上巻、大阪屋号書店、1943年8月。