ヴィータウタス・ランズベルギス=ジェムカルニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Vytautas Landsbergis-Žemkalnis
ヴィータウタス・ランズベルギス=ジェムカルニス
生誕 (1893-03-10) 1893年3月10日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 リンカヴィチェイ
死没 (1993-05-21) 1993年5月21日(100歳没)
 リトアニア ヴィリニュス
職業 建築家
配偶者 オナ・ヤブロンスキーテ=ランズベルギエネ(前妻)
エレナ・クルクリエティエネ(後妻)
子供 アレナ・ランズベルギーテ・カラジイエネ
ガブリエリュス・ジェムカルニス=ランズベルギス
ヴィータウタス・ランズベルギス
ガブリエリュス・ランズベルギス=ジェムカルニス(父)
チェスラヴァ・ルカシェヴィチューテ(母)
ヴィリニュス・ゲディミナス工科大学にある「ヴィータウタス・ランズベルギス=ジェムカルニス教室」

ヴィータウタス・ランズベルギス=ジェムカルニスVytautas Landsbergis-Žemkalnis1893年3月10日 - 1993年5月21日[1])はリトアニアの建築家。

経歴[編集]

1893年3月10日リンカヴィチェイに生まれる。1904年ロシアからリトアニアに戻る[1]

1919年から1922年までリトアニア独立戦争に義勇兵として従軍[1]

1941年リトアニア臨時政府で共同経済相を務める。

1944年ドイツに亡命[1]1949年オーストラリアに移る[1]

1959年、リトアニアに帰国[1]

1993年5月21日ヴィリニュスにて死す[1]

家族[編集]

父はガブリエリュス・ランズベルギス=ジェムカルニス1852年 - 1916年)、母はチェスラヴァ・ルカシェヴィチューテ(1860年 - 1907年)。

妻は、言語学者ヨナス・ヤブロンスキスの娘であるオナ・ヤブロンスキーテ=ランズベルギエネ。オナとのあいだにアレナ・ランズベルギーテ=カラジイエネ、ガブリエリュス・ジェムカルニス=ランズベルギスヴィータウタス・ランズベルギスの3児をもうける。ガブリエリュスは、オーストラリアリトアニア語ラジオ局などで務める。ヴィータウタスは音楽学者であり、またサーユーディスの指導者として独立運動を率い、最高会議議長などを務めた。

その後、エレナ・クルクリエティエネと再婚した。エレナ・クルクリエティエネは前夫とのあいだに娘をもうけている(作家のエレナ・クルクリエティーテ)。

作品[編集]

カウナスにある体育会館(現リトアニア体育大学

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Vytautas Landsbergis-Žemkalnis”. 2016年8月6日閲覧。
  2. ^ Eidintas et al. 2013, p. 172.
  3. ^ Eidintas et al. 2013, p. 173.

参考文献[編集]