ヴィリアム・シュロイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィリアム・シュロイフ Football pictogram.svg
Viliam Schrojf 1962.jpg
名前
ラテン文字 Viliam Schrojf
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
生年月日 1931年8月2日
出身地 プラハ
没年月日 (2007-09-01) 2007年9月1日(76歳没)
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1952-1954 チェコスロバキアの旗KVオロモウツ
1955-1965 チェコスロバキアの旗スロヴァン・ブラチスラヴァ
1965-1966 チェコスロバキアの旗ロコモティーヴァ・コシツェ
代表歴
1953-1965 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 39 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィリアム・シュロイフ(Viliam Schrojf、1931年8月2日 - 2007年9月1日)は、スロバキアの元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはGK

経歴[編集]

シュロイフはチェコスロバキア代表として、1954年のFIFAワールドカップ・スイス大会、1958年のFIFAワールドカップ・スウェーデン大会、1962年のFIFAワールドカップ・チリ大会に3大会に連続出場した。1962年のチリ大会では、1次リーグのスペイン戦、準々決勝のハンガリー戦、準決勝のユーゴスラビア戦で好セーブを連発し、同国の決勝進出に貢献した。決勝戦ではブラジルに1-3で敗れ準優勝に終わったが、大会を通じて安定したプレーを見せ、ベストイレブンに輝いた。

また1960年の欧州ネイションズカップにも出場し3位入賞に貢献した。シュロイフは1953年から1965年の間に国際Aマッチ39試合に出場した。

クラブレベルでは選手経歴の大半をスロヴァン・ブラチスラヴァで過ごし、1966年にロコモティーヴァ・コシツェで現役を引退した。

2007年9月1日、スロバキアのブラチスラヴァで死去、76歳没。

外部リンク[編集]