ヴィクトリア・シャルロッテ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィクトリア・シャルロッテ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム
Viktoria Charlotte von Anhalt-Bernburg-Schaumburg-Hoym

出生 (1715-09-25) 1715年9月25日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領、シャウムブルク城ドイツ語版
死去 (1792-02-04) 1792年2月4日(76歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領、シャウムブルク城
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領、ホルツァッペルドイツ語版
配偶者 ブランデンブルク=バイロイト辺境伯フリードリヒ・クリスティアン
子女 クリスティアーネ・ゾフィー・シャルロッテ
ゾフィー・マグダレーネ
家名 アスカーニエン家
父親 アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯ヴィクトル1世
母親 シャルロッテ・ルイーゼ・ツー・イーゼンブルク=ビューディンゲン=ビルシュタイン
テンプレートを表示

ヴィクトリア・シャルロッテ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイムViktoria Charlotte von Anhalt-Bernburg-Schaumburg-Hoym, 1715年9月25日 - 1792年2月4日)は、ドイツ諸侯アンハルト=ベルンブルク家の分流アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム家の侯女。ブランデンブルク=バイロイト辺境伯フリードリヒ・クリスティアンの妻。

生涯[編集]

アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯ヴィクトル1世とその最初の妻でイーゼンブルク=ビューディンゲン=ビルシュタイン伯ヴィルヘルム・モーリッツの娘であるシャルロッテ・ルイーゼ(1680年 - 1739年)の間の第1子、長女。1732年4月26日にシャウムブルク城にて、ブランデンブルク=バイロイト侯子フリードリヒ・クリスティアンと結婚。彼の兄のバイロイト辺境伯ゲオルク・フリードリヒ・カールは、夫婦にノイシュタット・アン・デア・アイシュドイツ語版の新城館(Neue Schloss)に住み、同地の家領を治めるよう命じた[1] 。2人は1764年に離婚した。フリードリヒ・クリスティアンがバイロイト辺境伯家の家督を継いだ翌年のことだった。もっとも、夫婦はすでに1739年以来、夫の嫉妬心が原因で別居生活を続けていた[2]。離婚後、ヴィクトリアはハレで貧しい境遇で暮らした。死後、実家のあるホルツァッペルドイツ語版の「メランダー霊廟(„Melander Gruft“)」に葬られた。

子女[編集]

夫との間に2人の娘をもうけた。

参考文献[編集]

  • Philipp Ernst Bertram, Johann Christoph Krause: Geschichte des Hauses und Fürstenthums Anhalt: Fortsetzung, Band 2, S. 643 f.

引用[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Fortgesetzte neue genealogisch-historische nachrichten, [1762-1776.] 168 theile (in 14 vol.), Teil 97, Leipzig, 1769, S. 273 (Digitalisat)
  2. ^ Fortgesetzte neue genealogisch-historische nachrichten, [1762-1776.] 168 theile (in 14 vol.), Teil 97, Leipzig, 1769, S. 273 (Digitalisat)